猫と人の子育て?日記

可愛い猫達との生活と子育ての奮闘を つづった日記です。

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まかいの牧場

最近お出掛けする事が無かったので、思い切って(?)まかいの牧場に皆で
遊びに行きました…
牧場の外で食事をしたり、お土産を買ったり~は今までもあったのですが、
中に入るのは確か自分が小学校の低学年の時以来だと思います…
大きな動物とふれあうのもいいかなぁ~と思い、娘の反応を楽しみつつ
遊んで来ました…


最初に会ったのはヤギさん…大人しくてフレンドリーです☆
初接触



あれ…? この色は…?
あれ?



る、ルディだ!!(笑)
ルディ!
ヤギにもルディのカラーがあったんですね~驚きました!




そして、白いまるまりを発見…
これは?




ひつじだ!足が無いよ~!こんな寝方するんだ~と、こちらも驚きです…
ひつじ




そして、牧場なので勿論 馬さんも居ました~
うま
有料で乗ることも出来ましたが、娘はまだ小さいから大人と二人乗り…
でも私みたいなデブが一緒に乗ったら馬が可愛そう…そう思い、娘が3歳になるまで
待つことにしました~





帰り道には、いつもの浅間大社に寄りました。
浅間さん
娘が少々ご縁がありまして、年に数回ここにはお参りに来ます。
湧き水があって、富士山からの綺麗な水が流れ公園には川もあってホッと和める場所です…



最後に~


今日の萌え足!(誰でしょう~)
萌え足


そして嫌そうな顔のゼロぴんでっす☆
べんろりゼロ
スポンサーサイト

| 未分類 | 16:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

結婚式記念日

本日9月11日は私達夫婦の3回目の結婚式記念日です
籍を入れたのは7月なんですが、式を挙げた日の方が賑やかなので、つい
印象に残ってしまいます…

沢山の友人に囲まれ、つわりと戦いながら(笑)楽しい式が出来ました…
今日はその時のお写真を… (誰も見たくないって…)



挙式は、アビーラトゥール教会で挙げました。とても大きな教会で、日曜礼拝も行われている
教会です。他にも式場を回るつもりでしたが、ガーデンウェディングに憧れていたので
一目で気に入り、決めてしまいました…


教会のお写真はどこかに入り込んでしまったので、お暇でしたらHPをのぞいてみて下さい~

ウェルカムボードです~ そしてウェルカムにゃんこ! やっぱり猫です(笑)
ウェルカムボード


各テーブルに置かれたお花。百合とマムをメインにしてもらいました!私が大好きな
花なんです… そして実りの秋なので、マスカットも…
旦那さんのお友達が「うめぇ」と言って食べていたのが笑えました…(私も食べたかった…)
お花


お料理…頑張りました(自分が作った訳ではありませんが)
絶対全部は無理でも一口づつは制覇してみせる!と豪語してたのですが
3日前位から始まったつわりにより断念しました(泣) 唯一、一口食べれたのがこの
オマール海老の前菜のみ… うなぎ~ 赤飯~ フォアグラ~ フィレ肉~(遠い目)
料理


お恥ずかしながら自分の写真を…(旦那さんは一応モザイクを)
誰もケーキだけの写真を撮ってくれてなくて… デザインは私が希望しました☆
生ケーキなので、最後のデザートに皆で食べてもらいました~
ke-kikatto.jpg


キャンドルです~ キャンドルサービスは恥ずかしかったのでパスしたかったのですが
みんなと接触が持てないので、頑張って入れました…
キャンドル


あまりきれいな写真ではありませんが、私の持ったブーケです♪
イメージ通りの出来栄えで感激しました~ 白だけのブーケより、淡いピンクを入れたかったんです☆
ブーケ

ちなみに、つわりと書いてますが出来ちゃった婚ではありません(笑)でも、式の1週間前に妊娠が
判明したのでビックリしました… その後の新婚旅行は行きの飛行機からエチケット袋が
離せず地獄でした…でも馬に乗りイルカと遊び海に入り…根性で満喫しました~



話は戻り、群がるニャンズと娘… まぐろのカマを焼きました。焼くのに時間がとっても
掛かるのですが、200円とお買い得だし美味しいので、見つけるとつい買ってしまいます…
かまに群がる



そして…のちくさんから素敵な物を贈って頂きました
生キャラメル、牛乳、クロネコヤマトのマスコットとマグ! 嬉しい~~
キャラメルも牛乳も美味で、北海道への憧れが募ります…食い倒れツアーしたい!
そして…クロネコちゃんのぬいぐるみ… mimoさんのお宅に飾ってあったのを
チェックして以来、ずっと欲しかったんです~ も~嬉しくて嬉しくて…
のちくさん、本当にありがとうございました!!!
頂き物

| 未分類 | 11:40 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蒸し暑いし、熱いにゃん達。

今日は突然雨が降ったかと思えば、むわぁ~~んと蒸し暑くなり
ぐったりです…

そんな中、家の中でも熱々さんが…


キラ君とチェルたんです
恋人同士


チェルシー「あたちは体の大きいガッチリした大人の男が好みなんだけど、まっいいか~」
チェル


キラ「はじめて彼女ができました~えへへっ」   母「良かったね~<涙>」
キラ

キラ君、初めて出来た彼女に夢中で声を枯らせてしまいました…
気長にやりたまへ…とパパとママは見守ります…




こちらはシッターアイシャさん…娘に攻撃されています
ベビーシッターは体力勝負ですよ!!
麻衣とアイシャ

アイシャ「愛情表現だって分かってるからあたしは怒んないわよ~」
母親にはなった事がないものの、優しさを見せてくれるアイシャちゃんです…
麻衣とアイシャ2


アイシャ「でも、疲れるわ~~」
ため息アイシャ

アイシャちゃん、お疲れ様!

| 未分類 | 18:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

待つ楽しみ…

ちょっと懐かしい写真が~

虹の橋を渡ったメイ…
めめ

元気なパワフルばあば マアムちゃん(とアルミラージ<笑>)
む無


夏が終わりに近づくと、ふっと思い出す事があります…
それは、私が今まで生きてきて、お別れをした猫達の事です…
私の人生の中でとても思い出深い子が居ます。

私が中学生の時、「私の猫が欲しい!」と、母に頼みました…
我が家には私が生まれた時から絶えず猫が居ました。何でも「わたしだけ」を
欲しがる時期だったのか… そんな事をお願いしたんです…
いつもだったら「今うちには猫が他にも居るんだから駄目!」の母親が、たまたま
職場先のお家で猫が妊娠していたので、「いいよ」と言ってくれてのです。
いつもは家で産まれて綺麗な子が出たら残すって感じだったので(田舎の家は
こんなんなんですよ~私には権限が全く無いのです)
こんなことは初めてで、嬉しくて嬉しくて一生懸命名前を考えたり、洋服を
作ったり、ベットを作ったりして待ちました…

とても綺麗な少し毛の長い三毛の子が生まれ、私は「舞・まい」と名づけ
我が家に迎えました。
舞とは色んな事がありました…人間同士の様に喧嘩をした事もあります…
舞と居る時間はとても優しくて、部活に忙しかった私は舞と過ごす時間が
とても大好きでした…
でも、そんな時間は長くは続かず…舞は3歳になった年に、猫エイズを
発症しました。病院では安楽死をすすめられ、やせ細った舞の体を抱きしめながら
泣きながら家に帰りました…
安楽死という選択が嫌だったのは家族全員の気持ちだったので、少しでも
助かるのなら、と思い病院をかえて通院しました。
その病院ではお腹にたまった水を抜き、点滴を打ってもらう処置をしてもらい
舞いも少し元気になり、皆で「もしかしたら…」と期待もしました。
しかし、病気にはやはり勝てず衰弱して行きました…
舞は不思議な子で、私は色んな事を体験しました。いつもは好き勝手な所で寝ていて
私のベットにはあまり来ませんでしたが、私が病気で寝込んでいる時と、自分の
調子が悪い時は必ず私のベットに来て静かに寝ているのです…
思えば3年という短い年数で発症してしまったのは、生まれた時から猫エイズ
キャリアで、自分の死期も分かっていたのかもしれません。
最後の日、私は夢を見ました…
舞が遠くに歩いて行くのです。近くに居るのに、どうしても舞の所までたどり着けず
最後には遠く見えなくなり、そこで目が覚めました。 まだ薄暗い朝方、目を開けると
もう動けないハズの舞が私の耳元に居ました。この時、ああ、これでお別れなのだと
知りました… その日は部活があり、運動部なので休むことは許されません。
離れるのが嫌でしたが仕方なく部活に向かい、終わると同時に急ぎ帰り家に入った
瞬間に、お線香のにおいがして、舞が旅立った事を知りました…
最後の姿を私には絶対見せたくなかったのでしょうね…最後まで本当に優しい子でした。

舞とは「娘」と言うよりも「親友」と言う関係でしたが、私は初めて悲しみに負けず
送り出せる事が出来た子です。別れを辛いものとしないで、頑張って生きていく
力に変えました。寂しいけれど、舞が近くに居てくれると思えたのです。
とっても大好きだった舞。 奇しくも、娘の名前が「まい」になりました。
でも私が付けたものではないのです。(私が考えた名前は全て駄目出しされました)
「舞」が来てくれたのかは分かりませんが…きっと今でも優しく笑って側に居てくれて
いると思っています…

最近思うのは、生まれる前から我が子を「待つ」と言うのは運命の赤い糸を辿りやすく
する、とても素敵な事の様な気がします…
現在の我が家のゼロ君も私が生まれる前から待っていた子です。
ふと、こんな事を思い出す前から気にはなっていたのですが、ゼロ君、やたらと
飛び出すグゼがあって、「前世は交通事故にあって亡くなった子に違いない!
で!今度は確実に安全な我が家に生まれて来たんだ!」と言ってたのを
思い出しました(笑) 思い出せないけれど、以前私と縁があった子が戻って来て
くれたのかもしれません… 私が虫に怯えていると、一晩中ボディーガードを
してくれる頼もしいゼロ君!私の運命のナイトかもしれません(笑)

虹の橋で待っていてくれる子も、私が心配で戻ってきてくれる子も、いつか
みんなで一緒に仲良く暮らせる世界に行けるのを私は密かに楽しみにしています…

| 未分類 | 13:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。